『歯周病』と『歯周病の治療』 について

歯周病は最も日本人の歯を奪っている病気です。しかし、この歯周病という病気は意外と意識されていない病気でもあります。そのため手遅れの状態になってから歯科医院に駆け込むというようなことも珍しくありません。埼玉県上尾市にある当院では、歯周病の治療に最も力を注いでいます。

歯周病は最も日本人の歯を奪っている病気です。

歯周病というのは生活習慣とも深く関わっています。また、「サイレント・ディジーズ」といって「静かなる病」で、静かに、いつのまにか進行する病気ですから、治療が終わったり、症状がなくなればそれで終わりではなく、治療後も定期的なメンテナンスなど、健康な状態をどのように維持するか、再発しないためにどうするのかを考え、実行していく必要があります。埼玉県上尾市にある当院では、院長が東京医科歯科大学で歯科保存学を専攻していたことから、歯周病の治療に注力しています。

埼玉県上尾市にある当院では、歯周病治療に注力しています

埼玉県上尾市にある当院では、院長が東京医科歯科大学では、専攻が「歯科保存学」で、大学では「保存科」といって自分の歯を残す治療についての科にいました。その中でも「歯周病科」にいました。このことから、当院の開院からずっと歯周病治療を中心として診療を行い、「一本でも多く自分の歯を残すための治療」に力を入れ続けてまいりました。歯茎が赤い、歯茎から血が出るなど、少しでも異変を感じたら、是非ご相談ください。早めに健康な歯茎を取り戻してしまいましょう。

PAGE TOP